コレステロールを抑える手段|健康は大切です

男女

海藻類の一種の持つ力

栄養補助食品

スピルリナとは、海藻類の一種であり、血流改善や代謝の向上、抗アレルギー作用、ダイエット効果など多くの健康効果をもたらす成分です。サプリによって摂取する場合は、用法容量を正しく守って使用することが大切です。

Read More..

肝臓をいたわる

レディのお腹

生体内に必要な成分

コレステロールには様々なものがあります。LDLやHDL以外に多くのホルモンもコレステロール骨格を持っています。コレステロールは20%が食事からの影響で残りは肝臓で合成されます。よって医薬品でコレステロールの吸収を抑える薬もありますが、あまり処方されていません。ほとんどの場合コレステロールの合成を抑える薬が処方されます。LDLが細胞にコレステロールを細胞に送ることにより細胞膜にある程度の強度を持たせます。酸化するといけないので、HDLが古くなったものを回収します。よってLDL値やHDL値だけではなく、この比が重要です。LDL値が高すぎてもHDL値が低すぎても脂質異常症と診断され、治療の対象になります。

肝機能改善

コレステロールは肝臓でほとんど合成されるため肝機能改善すると数値も改善することがあります。まずは脂肪肝などの肝臓の機能を低下させる要因を排除する必要があります。内臓脂肪は食生活と運動習慣の見直しにより比較的簡単に落とすことができます。肝機能向上にはタウリンや各種ビタミンが効果的です。タウリンはホタテやイカなど魚介類に多く含まれています。サプリメントでもタウリンが含まれた商品が多数販売されています。ウコンもお酒を飲む方には有効です。特に秋ウコンはアルコールの分解を助け、肝臓の負担を減らします。一方紫ウコンはコレステロール値を正常に近づける働きがあることがすでに報告されており、両成分ともサプリメントとして商品が販売されています。

様々な症状を和らげます

薬と女性

更年期障害の治療は婦人科や内科で行っています。治療はホルモン補充療法などが行われていますが、この治療が行えない方や抵抗感のある方には漢方薬の使用がすすめられています。漢方薬は健康食品としてドラッグストアーなどでも購入できます。更年期障害の症状に穏やかに作用するので安心して使用を続けることができます。

Read More..

水分を排出するメリロート

サプリメントと婦人

むくみには、メリロートを使用したサプリが良い。水分コントロール力を高めて、体に不必要な水分を排出してくれるという。中性脂肪の上昇を抑える効果もあり、取り入れると内臓脂肪がつきにくくなる。ダイエット中の人にも適しているという。

Read More..