コレステロールを抑える手段|健康は大切です

婦人

様々な症状を和らげます

薬と女性

まずは診察を受ける

50歳を過ぎる頃になると閉経を迎えた多くの女性に更年期障害があらわれます。この更年期障害はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが少しずつ減少することが原因で様々な身体不調や精神不安などの不定愁訴がみられるようになります。この更年期障害は病気ではないため症状が軽い場合や一過性の場合には特別な治療は必要ありませんが、症状が長引く場合や重い場合には治療する必要があります。更年期障害の治療は婦人科や内科で行っています。主な治療方法は減少した女性ホルモンを補うホルモン補充療法となります。ホルモン補充療法ではエストロゲンを外部から補うことにより症状の緩和を図りますが、過去に乳がんを経験した方や治療による副作用がみられる方にはこのホルモン補充療法を行うことはできません。

漢方を利用

ホルモン補充療法を行えない方やホルモン補充療法に抵抗感のある方には漢方薬の使用がおすすめとなっています。漢方薬は東洋医学の体系から生まれた薬ですが、とくに更年期障害などの婦人病に大きな効果を発揮することから西洋医学の世界でもよく処方されています。更年期障害に効果的な漢方薬には八味地黄丸(ハチミジオウガン)・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)・高麗人参(コウライニンジン)など様々な薬があります。これらの漢方薬は健康食品としても手軽に購入することができます。これらの薬は倦怠感・足の冷え・動悸などさまざまな症状に効果を発揮しますが、いずれも体に穏やかに作用する点が特徴となっています。更年期障害の症状に悩んでいる方でホルモン補充療法に抵抗感のある方は漢方薬を使用して症状を緩和することをおすすめします。